2017年1月21日土曜日

フィールドプロパティの既定値・値要求の設定と実行結果

Access2013のフィールドプロパティ、既定値の設定と実行結果、値要求の設定と実行結果です。


≪既定値の設定と実行結果≫


既定値を設定しない場合、新規レコードのデータは空白になっています。
既定値を設定すると、自動的にデータが表示されます。
このデータは表示されているだけで、レコードを登録しないと保存されません。
既定値の設定と実行画面

テーブルをデザインビューにし既定値を設定します。

1.設定するフィールドに移動します。
2.フィールドの[既定値]に表示したい値や式を入力します。

ここでは、今日の日付が表示されるようDate関数を入力します。
デザインビューにし既定値を設定する

テーブルを保存し、テーブルビューを実行すると自動的に今日の日付が表示されます。
自動的に今日の日付が表示される

≪値要求の設定と実行結果≫


値要求を設定すると、必ずデータを入力しないとレコードは登録できなくなります。

テーブルをデザインビューにし値要求を設定します。

1.設定するフィールドに移動します。
2.フィールドの[値要求]を「いいえ」から「はい」に変更します。
値要求の設定と実行画面

データを入力せずに別のレコードに移動しようとすると「〇〇〇フィールドに値を入力してください。」とエラーメッセージが表示されレコードは登録できません。
エラーメッセージが表示されレコードは登録できない

関連する記事
関連する記事
IME入力モードをテーブルのプロパティで設定する
ふりがなの自動入力
小数点以下を揃える
日付を和暦で入力できるようにする
パスワード入力用のフィールド作成

2017年1月16日月曜日

日付・年月・大文字・小数点・郵便番号の定型入力の設定例

Access2013で、日付・年月・大文字・小数点・郵便番号の定型入力の設定例です。


≪日付入力を定型入力ウィザードで設定する方法≫


1.デザインビューで、設定するフィールドに移動します。
2.フィールドプロパティの「定型入力」欄右の[…]ボタンをクリックします。
日付入力を定型入力ウィザードで設定する画面

定型入力ウィザードが開きます。

1.定型入力名を選択します。
2.入力テストができます。
3.[次へ]ボタンをクリックします。
定型入力ウィザード

1.定型入力の書式を確認します。
2.データを入力する前に表示される、代替文字を指定します。
3.入力テストができます。
4.[次へ]ボタンをクリックします。
定型入力の書式を確認

[完了]ボタンをクリックし、終了です。
[完了]ボタンをクリックし、終了

これで入力フィールドに移動すると、定型入力が表示されます。
定型入力が表示

定型入力通り入力しないと、「入力した値は、このフィールドに設定されている定型入力(--)に従っていません。」とエラーメッセージが表示されます。
定型入力通り入力しないとエラーメッセージが表示される

≪年月入力を定型入力ウィザードで設定する方法≫


定型入力ウィザードで、日付の入力形式を選択します。
年月入力を定型入力ウィザードで設定する画面

形式変更の画面で、日の部分を削除し年月だけにします。
日の部分を削除し年月だけにする

これで年月が定型入力できるようになります。
この場合、日付/時刻型ではできないので、テキスト型にします。
年月が定型入力できるようになる

≪自動的に大文字で定型入力する≫


下のように大文字にするには先頭に「>」を付けます。
自動的に大文字で定型入力する画面

これで小文字を入力しても、自動的に大文字になります。
小文字を入力しても、自動的に大文字になる

≪小数点以下の桁数を定型入力する≫


小数点以下2桁にする場合、「#.00」のように設定します。
小数点以下の桁数を定型入力する画面

これで必ず小数点以下2桁で入力するようになります。
小数点以下2桁で入力

≪郵便番号を定型入力ウィザードで設定する方法≫


定型入力ウィザードで「郵便番号」を選択します。
郵便番号を定型入力ウィザードで設定する画面

これで郵便番号を「3桁-4桁」の形式で入力できます。
郵便番号を「3桁-4桁」の形式で入力できた

関連する記事
関連する記事
定型入力で使用できる書式指定文字
和暦入力
パスワード入力用のフィールド作成 
半角数字で指定文字数しか入力できないようにする
数値型と通貨型で使用する書式指定文字