スポンサーリンク

2017年4月27日木曜日

添付ファイル型のフィールドで画像を保存し表示します|Access入門

Accessで、添付ファイル型のフィールドで画像を保存し、表示する方法です。

データ型が添付ファイル型のフィールドを作成します。
添付ファイル型のフィールドを作成する

● 画像を保存する

添付ファイル型のフィールドをダブルクリックするか、右クリックし表示されるメニューの[添付ファイルの管理]をクリックします。
ダブルクリックするか、[添付ファイルの管理]をクリックする

添付ファイル ダイアログボックスが開きます。
[追加]ボタンで画像ファイルを指定します。
添付ファイル ダイアログボックス

下画面のように、一つのフィールドですが、複数のファイルを登録することができます。
・削除する場合は[削除]ボタンをクリックします。
・[名前を付けて保存]ボタンで、別フォルダ・別名で保存できます。
・[すべて保存]ボタンで、保存先のフォルダを指定しまとめて保存できます。
・順序の入れ替えはできないようです。
一つのフィールドに複数のファイルを登録することができる

登録すると、登録されているファイル数が表示されます。
登録されているファイル数が表示される

● 画像を表示する

添付ファイル ダイアログボックスを開き、画像ファイルを選択し、ダブルクリックするか、[開く]ボタンをクリックします。

「このファイルを開きますか?」とセキュリティの警告が表示されるので[開く]をクリックします。
ダブルクリックするか、[開く]ボタンをクリックする

これでWindowsのファイルに関連付けられたアプリが開き、画像が表示されます。
アプリが開き、画像が表示される

関連する記事
関連する記事
画像の保存方法
レポートに画像を挿入する方法
フィールドデータ型
1つのフィールドに複数の値を登録する
テーブルのデザインビューでフィールドを挿入する

2017年4月18日火曜日

画像ファイルのオブジェクトを保存し画像管理を行う|Access入門

画像ファイルのオブジェクトを保存し画像管理を行う方法です。


● フィールドのデータ型の設定


画像ファイルを保存するには、OLEオブジェクト型のフィールドが必要です。
OLEオブジェクト型のフィールドを設定する

● 画像ファイルを保存する


データシートビューで、作成したフィールドの上で右クリックします。
メニューが表示されるので、[オブジェクトの挿入]をクリックします。
右クリックし[オブジェクトの挿入]をクリックする

オブジェクトの挿入ダイアログボックスが開きます。

[ファイルから]を選択し、[参照]ボタンで画像ファイルを指定します。
オブジェクトの挿入ダイアログボックス

登録したレコードには「Package」と表示され保存されました。
Package」と表示され保存された

● 保存した画像ファイルを開く


画像ファイルのフィールドをダブルクリックします。
パッケージの内容を開く-セキュリティの警告 ダイアログボックスが開くので、[開く]ボタンをクリックします。
パッケージの内容を開く-セキュリティの警告 ダイアログボックス

これでWindowsの画像ビュアーアプリが開き、画像が表示されます。
Windowsの画像ビュアーアプリが開き、表示される

関連する記事
関連する記事
テーブル・クエリ・フォーム・レポートなどのオブジェクトをコピーする
フォームにWord文書を表示する方法
Excelのデータを取り込む(インポートする)
画像の保存方法
フォームの背景に画像を表示させる