2017年3月21日火曜日

データシートビューのレコード移動ボタンの説明

データシートビューの下に表示される、レコード移動ボタンの説明です。



  1. 先頭のレコードに移動します。
  2. 1つ前のレコードに移動します。
  3. レコード番号ボックス : 現在カーソルがあるレコード番号を表示しています。 また、レコード番号を入力すると、そのレコードに移動します。
  4. 1つ次のレコードに移動します。
  5. 最終レコードに移動します。
  6. 新規レコードの登録位置に移動します。

レコード移動ボタン

関連する記事
関連する記事
VBAでレコード移動ボタンを作成する
VBAでテーブルのレコード総数を取得し、全レコードを読み取る
入力されているレコード数を数える(COUNT関数)
データシートビューでレコードを削除する
フォーム左端に表示される枠(レコードセレクタ)の表示/非表示の方法


2017年3月6日月曜日

ルックアップフィールドを削除する方法

ルックアップフィールドを削除する方法です。


下はデータを入力し作成したルックアップです。
値集合タイプが「値リスト」になっています。
データを入力し作成したルックアップ

ルックアップフィールドを削除するには、表示コントロールプロパティを「コンボボックス」から「テキストボックス」に変更します。
ルックアップフィールドを削除する

テーブルビューにし確認すると、通常の入力形式になっています。
テーブルビューにし確認する

下はテーブルまたはクエリで作成したルックアップフィールドです。
テーブルまたはクエリで作成したルックアップフィールド

これも上と同様に、表示コントロールプロパティを「コンボボックス」から「テキストボックス」に変更します。
これで削除できます。
表示コントロールプロパティを「テキストボックス」に変更する

関連する記事
関連する記事
ルックアップ列をルックアップウィザードで設定する
ルックアップリストのリストを変更する
フィールドを追加する方法/フィールドを削除する方法
デザインビューでテーブルのフィールド削除方法
リレーションシップを削除する方法